日中の架け橋

本日は、私が講師を務める研修がありました。

参加者に中国人女性が一人。

研修のプログラムに参加者の夢を語るものがあるのですが、その中で彼女は、

「私は日本に来て4年経ちます。もっと日本のことを勉強して日中の架け橋になりたい」

と言ったのです。

可憐な女性でした。

尖閣問題なんて、ひょっとしたら・・・夢?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事業仕分けで消されたもの

今日、会社の後輩から教えてもらいました。

これはさすがにヒドイと思います。

--------------------------------------------------
 去る11月11日(水)の行政刷新会議の事業仕分け作業で、
医療用漢方製剤(漢方エキス製剤・煎じ薬)を健康保険から
除外する、という案が出されました。
 現在、医師の7割以上が漢方薬を使用して、国民の健康に
寄与してきました。また、全国の医学部・医科大学でも医学
教育の中に漢方教育が取り入れられ、日本東洋医学会で専門
医教育も行われ、専門家育成も進んでいます。
 わが国が迎えている少子高齢社会の中で、われわれ国民の
健康を守るためになくてはならない漢方薬・煎じ薬が健康保
険で使えなくなることに、断固反対をします。
--------------------------------------------------

早速私も、署名しちゃいました。

↓↓↓

http://kampo.umin.jp/
レンホーに負けるな、カンポー!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土曜スペシャルの謎が解けた!!

テレビ東京でやっている「土曜スペシャル」。

念のため軽く説明しますと、タレントがグルメな旅をして温泉旅館なんかを紹介しちゃう番組です。

温泉に入って、宿の心づくしの料理に舌鼓を打つ。

この番組を見るたびに、ずっと疑問に思っていたことがありました。

「果たしてスタッフは、タレントと同じ旅館に泊まるのだろうか?」

この不景気でテレビ局の予算はないし、しかもテレビ東京だし・・・ coldsweats01

私の推測としては、きっと近くの安いホテルに泊まっているんだろうと思っていました。

しかし、ひょっとしたら、旅館の厚意で(宣伝にもなっていることだし)只で泊まらせてもらっているかも?という考えも、頭の隅にありました。

今日たまたま、会社でテレビ東京でも番組を書いている構成作家の人と打合せをする機会を持ちました。

打合せが終わった後、会食をしたのですが、その時に、

「そうだ~!!」 

と急に閃いて、この疑問をぶつけてみたのです。

そして、

「なるほど~!!」
と、ようやく長年の謎を解くことができました。

えっ!!そんなの常識ですって・・・

みなさんは、あまり不思議に思わなかったですかね???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人情報保護法の影響で

最近は、会社の担当内でも社員の住所録が公開されなくなったため、上司とかに年賀状を書く枚数が減っています。

「住所教えてください」

というのもなかなか言いにくいですし。

もちろん、後輩からの年賀状も増えませんから、何となく数年前までの付き合いがそのまま続いているという感じになっています。

ただでさえ、人と人との付き合いが薄くなっている世の中なのに、これほどの悪法はないと思うのですがね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首相並の頭脳

麻生内閣のメールマガジンを読んでいたら、こんな言葉が書いてありました。

「結論を出すことを拒絶する政治では、一歩も前に踏み出すことはできません。」

よく言うよって思いますよね~(笑)。

早く結論出して欲しいですよね、いろいろと。

まあそれはよいとして・・・

最近、会社で漢字を間違えると、「君の頭は首相並だな」と皮肉られてしまいます。

国のトップが頭の悪い代名詞になってしまう国って・・・

あっ、他にもありましたね(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動かない警察

先日、高校時代の友人が車の当て逃げに遭いました。
友人はすぐに車を追跡したのですが、逃げられてしまいました。

幸い、車種と車のナンバーは分かっていたので、警察に行きすぐに手配をお願いしました。

しかし・・・

しばらくして警察から連絡があり、
「該当の運転手に電話したのですが、『そのようなところに行った覚えはない』と言われました。あなたの見間違いではないですか?」
と言われたそうです。

もちろん友人の怒りは頂点に達しました。

ちなみに、ひき逃げの場合でも、死亡すれば検挙率は90%程度ですが、軽傷程度だと30%に落ちるそうです。

当て逃げじゃあ、長野県警もまともに対応する気にならんのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説のスピーチ

半年ほど前に知人から、カナダ人の少女が1992年の6月11日、ブラジルのリオで開催された国連の地球環境サミットで行った感動的なスピーチの話を教えてもらいました。

それがYouTube のサイトにあることを発見しました。

http://jp.youtube.com/watch?v=XjlUyVnDGIA

| | コメント (0) | トラックバック (2)

誰が得をするのか?

最近何かと評判の悪い「成果主義」。

うちの会社でも運用が開始されて数年が経ちますが、やはり誰に聞いても評判が悪いです。

鬱病の社員も何となく増えているし、世間的にも”人身事故”が増えているし・・・

経営幹部と話しても、行き過ぎた成果主義はダメだと答える。

金曜日に部長、課長を交えて深夜まで議論を行いましたが、やはり「おかしい!」と言い切ります。今の制度で、社員に正当な評価を下すことは不可能であると・・・。

しかし不思議なことに、誰もが「変だ」と感じているのに、一向に改善される雰囲気はないのです。

だれも成果主義をやめようとしない。

どこかに得をしている人がいるんでしょうけど・・・

どこかでほくそ笑んでいる人が・・・

飲み屋からの帰り道、下品な酔っぱらいの集団とすれ違いました。

「なんじゃこいつら?」と思ってよく見たら、人事部の幹部連中です。

こいつらかな?(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

創造力

早稲田大学商学学術院の内田和成教授という方から『創造力』(西堀榮三郎著)という書籍を送っていただきました。

内田教授は、2006年度には世界の有力コンサルタント、トップ25人に選出されたこともある方で、ボストンコンサルティンググループでシニアアドバイザーも勤められています。

『創造力』は、内田教授の長年のコンサルタント経験を通じて、これは経営者に読んでもらいたい!という本のベスト20冊に入るそうです。
しかし、残念ながらすでに絶版になっていたため、でもどうしても後輩に紹介したいという思いから、自腹で500冊を購入したそうです。

というのも、本屋に並べることは出来ないが、まとめて買ってくれるのなら再版してくると講談社が言ってくれたからだそうです。

私は内田教授とは縁もゆかりもありませんが、たまたま内田教授のブログでこの話を見て早速メールを送り1冊譲っていただいたのです。

それにしても奇特な方ですよね。
私が知り合うコンサルタントは、自分の利益よりも日本の国益に少しでも貢献したいと考えられている方が多いです。

日本の政治家あるいは公務員の中にも、こういう方が一人でも多くいてくださると有り難いのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風変わりな企業改革セミナー

今週の木曜日に社外セミナーで発表をしました。

テーマは「企業の風土改革」。

社外のセミナーで発表するなんて生まれて初めての経験なのですが、パワーポイントの資料だけ主催元の”とある”コンサルティング会社に送って、あとはぶっつけ本番です。

「陽転思考」にハマっている今日この頃、「もう失敗してもいいや」とろくな準備もせず・・・

とにかく笑いをいくつとれるかが勝負だな・・・と、もう気分は落語口演です。

笑いは見事に取れました。

企業の風土改革などといえば何となくイカめしい感じがするのですが、意表を突いた私の発表に、「こんな面白いセミナー初めて!」とおっしゃってくださった参加者がいて、とりあえずよかったかな、という感じでした。

本当によかったのかな?(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)