« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

蛍の里

我が家から直線距離にして約200mのところに、とても贅沢な場所があります。

年に10日間だけ、そこで蛍が舞います。

そろそろかなぁと思って今夜出掛けてみたら・・・、いました!

最初は2,3匹だったのが、暗くなるにしたがってだんだん増えていきました。

幻想的な空間にしばし日常の喧騒も忘れて・・・

と、その雰囲気に浸りたかったのですが、慌てて出掛けてきたので虫よけスプレーを忘れ、蚊の攻撃により喧騒の中に引き戻されました。(^_^;)

痒い。(>_<)


しかしまあ、横浜市内にまるで時代から取り残されたような、このような空間があることは大変ありがたいことですね。

Dsc_8768


| | コメント (0) | トラックバック (0)

不敗伝説は続く

土曜日の予定が雨天順延となり、今日、息子の小学校の運動会がありました。

お姉ちゃんの小学生時代は、なんとなんと運動会では6年間勝ちっぱなしでした。

赤でも白でも、とにかく娘が所属したチームが勝つのです。

確率的には、1/(2の6乗)≒1.56%

「幸運の女神」

娘はこんなところで運を使い果たしてもよいのか!?と心配になるほどです。(^_^;)

そして1年おいて息子が入学し、昨年も息子の組が勝ちました。

今年勝てば8連勝です。

確率的には、1/(2の8乗)≒0.39%

神業に近いですね。

こんなところで運を使い果たして・・・

という心配はもうどうでもよくて、息子の所属する白組の応援に力が入ります。

最後のリレーは特に。

そして・・・

勝ちました!!(^_^)/

ただ、肝心の息子の個人成績はというと、かけっこで5等でした。

娘は足の遅い両親のDNAを引き継がなかったようで、リレーの選手をやっていましたが、息子はしっかりと引き継いでいるようです。(^_^;)

でも・・・

「ギリギリで5等だったぜ~!!」

と、ビリッコにならなかったことを大いに喜んでいました。

まぁ、めでたしめでたしですね。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘の修学旅行記

娘が長崎・熊本方面の修学旅行から帰ってきました。

「どこがよかった?」と聞くと、

角煮まんじゅう、カステラ、アイスクリーム、チャンポン、皿うどん、・・・ 

と、食べ物の話しか出てきません。

ったく~。(+_+)

「そうじゃなくて・・・」

と、さらに突っ込むと、

「そうだなぁ、眼鏡橋がよかったかなぁ。ハートの石とかもあって・・・」

Dsc08605


脇で聞いていた家内が、

「へえ、眼鏡橋にハートかぁ。見てみたいな~」

「おいおい、昔一緒に行ったじゃん。ハートも見たじゃん」

「えっそうだっけ?」

ったく~。(+_+)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫のお産

6月2日(土)午前2時。猫が騒ぎ始めました。

寝ている家内のベッドに登ってきて、家内の顔をペロペロ舐めながらニャーニャー泣いています。

私は、

「うるさいな~、発情期かな?」

・・・ぐらいにしか思わなかったのですが、そこは女同士。

家内が猫のただならぬ様子に気付き、灯りを点けました。

あとで家内から聞いた話ですが、きっと初産で心細かったから家内のことを起こしたんじゃないかな、とのこと。

2時10分頃に1匹目が顔を出しました。

Dsc_8159

猫が一生懸命、赤ちゃんを舐めています。

どうも我が家の猫が太り始めたので、ご近所で猫に詳しい奥さんに訊いたところ、

「いや、妊娠だったらもっと太るはず。ただ単にデブになっただけだと思いますよ」

とのことだったのですが・・・

猫の出産は女性陣(家内と娘)に任せて、私は居間で寝てしまいました。
 

息子は周りが大騒ぎしていても微動だにせず、すやすやと寝ていました。(^_^;)

結局、生まれたのは1匹のみでした。

我が家の猫は、まだ1歳と10か月。

2歳以下の猫は1,2匹しか子供を産まないようです。

赤ちゃんはずっとおっぱいに噛り付いていますが、時々外れたりすると心配そうにお母さんが見守っています。

普段は活発な猫ですが、今日は1日中箱の中から動かず、ずっと赤ちゃんの面倒をみていました。

Dsc_8172


まだ、子猫の面影が残っている母猫ですが、立派に母親の役割を果たしています。

その様子が何だかいじらしくて。(/_;)

でも、夜になったら赤ちゃんを連れて家内のベッドに登ってきました。

家内は母猫にとって親のようなもの。

一緒に寝ている姿は本当に親子のようです。

Dsc_8185_


| | コメント (0) | トラックバック (0)

震災後初仙台

今週の水、木に出張で仙台、名古屋に行ってきました。
水曜日に仙台に泊まり、翌日は東北新幹線、東海道新幹線を乗り継いで名古屋へ。

仙台といえば、H3年から3年間暮らした、私にとっては第二の故郷とも言うべき場所です。

だから震災後はすぐにでも行きたかったのですが、もう1年以上が経過してしまいました。

Dsc08426
Dsc08442
Dsc08456
Dsc08459
Dsc08463

仕事が終わった後、地元のメンバーとの懇親会がありましたが、それまでの間に1時間ほど空き時間があったので、あの当時の面影を求めて、名掛町、一番町、広瀬通り、定禅寺通り、国分町と、とにかくできる限り歩き回ってみました。

私にとって特に思い入れの強い場所は国分町。

しかし、当時の馴染みの店は一軒もなく、寂しさだけが募りました。

懇親会のあと、仕事のメンバーとは離れ、旧友と旧交を温めてきました。

深夜までカラオケ。

あの当時は週に2,3日はカラオケに通っていましたが、あの頃唄っていた歌を中心に唄いまくり、しばし思い出に浸ってきました。

Dsc08491

懐かしさの一歩手前で

こみあげる 苦い思い出に 

言葉がとても見つからないわ 

あなたがいなくても こうして 

元気で暮らしていることを 

さりげなく 告げたかったのに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »