« もう一つの記念日 | トップページ | ヴェネツィア郷土料理 »

久々の落語

高校の先輩に誘われて、今日は浅草演芸ホールに落語を観に行くはずでした。

仕事で厭なことがあっても、「1/28に落語を観に行くぞ!」と思うと元気になれました。

週末に勝手に出掛けると家内が怒るので、家のカレンダーにも1/28のところに「寄席」と書いておきました。

ところが・・・

1週間前に家内から待ったがかかったんです。

今頃そんなことを言うなよ、と私も怒りました。

しかし、泣く泣く高校の先輩にキャンセルをお願いしました。

家内から待ったがかかった理由とは・・・

家内が落語のチケットを買ってあったんです。

だから私の「寄席」という文字を見てもダブルブッキングに気付かなかったんですね。

久々の落語が2つ重なるとは、スゴイ偶然です。

浅草も惜しいけど、家内の買ったチケットは、人気の三遊亭圓楽、春風亭昇太、林家たい平の三人会でした。


■まずは3人でフリートーク(20分)

■前座の落語『子ほめ』」(10分)

■春風亭昇太『長命』(35分 [まくら25分、落語10分])

■林家たい平『禁酒番屋』(33分 [まくら18分、落語15分]

■三遊亭圓楽『一文笛』(32分 [まくら13分、落語19分]

落語の時間だけに着目すれば、さすがに後半に行くほど大ネタになっていきましたが、話している時間は3人とも同じくらいでしたね。

また、フリートークはもちろん、まくらでも笑点ネタが多かったです。

なんだかんだ言っても、人気の3人なので、噺は面白かったですね。

やっぱり落語はいいですね。

|

« もう一つの記念日 | トップページ | ヴェネツィア郷土料理 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198615/43905307

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の落語:

« もう一つの記念日 | トップページ | ヴェネツィア郷土料理 »