« なぜ会社は変われないのか | トップページ | 川越胃腸病院 »

インタビューより

前回の日記に書いた、北村先生のインタビューに行ってきました。
詳細はメルマガに譲るとして、印象に残ったエピソードを一つ紹介します。


「社長に相応しい人材とは?」と、かの松下幸之助に聞いたとき、彼は何と答えたでしょうか?

松下幸之助は、「そうやなぁ、運のええやっちゃなぁ」と答えたそうです。

これは割と有名なエピソードなので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

では、その運を呼び込むためにはどうしたらよいでしょうか?

ここからは北村先生の持論です。

運をもたらすのは、「幸運の女神」だから女性の神様ですね。

だから、女性に好かれるようじゃないとダメなんだそうです。

では、女性に好かれるためには何が必要なのでしょうか?

北村先生がおっしゃるには、それには2つの要素があるそうです。

一つは、笑顔。

二つ目は、謙虚さ。

そうおっしゃった北村先生は、素敵な笑顔を残して新潟へと旅立って行きました。

新潟では、若い女性たちが先生のセミナーを聞くためにたくさん待っているんだそうです。

「●●さん、女性に嫌われたらいけませんよ」

先生の教えを肝に銘じ、素敵な笑顔と謙虚さを忘れずに生きていこうと思います。

|

« なぜ会社は変われないのか | トップページ | 川越胃腸病院 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198615/38784361

この記事へのトラックバック一覧です: インタビューより:

« なぜ会社は変われないのか | トップページ | 川越胃腸病院 »