« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

神保町で落語を

神保町に「落語カフェ」なるものが出来たということを、数年前に新聞記事で読んではいたものの・・・

近くに勤めていながらなかなか行く機会に恵まれませんでした。

それがひょんなことから、落語カフェのオーナーの知人と知り合い、木曜日に一緒に行くことになりました。

その日、登場する噺家は3名。

鈴々舎馬るこ、柳亭こみち、柳家花ん謝。

聞いたことのない二つ目ばかりです。

それで、噺の方はあまり期待せず、寄席の雰囲気を味わおうという目論見でいそいそと出掛けていきました。

会場は20名も入れば一杯になってしまうような狭さで、まあ元々がカフェなのでテーブルと椅子が置かれていました。

先着10名に、噺家さんが長崎で買ってきたカステラが振る舞われました。さすがにカフェだけあって、飲み物を注文して、コーヒーやビールを飲みながらの落語鑑賞となりました。

最初が、柳亭こみちさんの「元犬」、そして柳家花ん謝さんの「???」、再び柳亭こみちさんの「辰巳の辻占」、トリが鈴々舎馬るこさんの「千両蜜柑」。

柳家花ん謝さんの落語は、お灸をやせ我慢する噺だったのですが、噺の名前は分かりませんでした。それよりも、彼はまくらが長く、そっちの方が断然面白かったです。

まあ、当たり前といえば当たり前なのですが、二つ目とはいえ皆さんプロなので、我々落研レベルよりは断然上手く、楽しんで聞くことができました。

会場が20名足らずだったお陰で、一体感を醸し出していたのも良かったのかもしれません。

久々の生落語に感激しました。

ちょっと嵌ってしまいそう(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

カナメの女

昨夜、銀座で飲んでる最中にふと気づきました。

「あっ、今日から始まるドラマをビデオに録画予約するの忘れた!」

会社の同僚の息子さんが、子役として登場するのです。

会社でもずっと宣伝をしていて、ポストカードまでもらっています。

これで見なくちゃ悪いな・・・と、家内に慌ててメールを送ります。

「今日から始まる『カナメの女』ってドラマ、ビデオに撮っておいて」

しばらくして、家内から返信が・・・

「えっ、『ハガネの女』じゃないの?」

「あっそうそう、それそれ」

酔っていたとはいえ、なぜ私は間違ってしまったのでしょう?

・・・で気づいたのですが、

主演は吉瀬美智子、そして要潤が出ているのでした(苦笑)。

今朝、家内から「馬鹿っぽい~」と思いっ切り馬鹿にされました(苦笑)。

それにしても・・・
ドラマの内容も結構良かったです。

ウサギを殺したのが、知人の息子さんじゃないと良いのですが。

次回が待たれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »