« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

国をつくるという仕事

今年読んだビジネス書の中で、私にとってのベスト1を紹介します。

『国をつくるという仕事』西水美恵子著(英治出版)

http://www.eijipress.co.jp/book/book.php?epcode=2054

です。

西水さんは、世界銀行の副総裁を勤めていらっしゃいました。

世銀時代に主として貧しい国々を巡っていらっしゃいましたが、その時の経験をまとめたのが本書です。

『選択』という雑誌に連載していたエッセイをまとめたものなので、読まれた方も多いのではないかと思います。

西水さんは、元々プリンストン大学で研究者としての人生を歩んでいました。
それが3年に一度の研究休暇に入る折、世銀で働いてみないかとの誘いを受け、ひょんなことからエジプトの貧民街に足を運ぶことになりました。
そこで出会った悲劇的な出来事が、彼女の人生を大きく変えることになりました。
その時の辛い思いを、西水さんはこんな言葉で語っています。

「誰の神様でもいいから、ぶん殴りたかった」

悲しみは深く深く彼女の心に突き刺さり、それから10年間、自分の夫にすらそのことを話すことができませんでした。

そして、自分のやるべきことは貧困と闘うことと思い極め、学窓に戻らずに世銀に残ることを決断したのです。

彼女が出会った貧しい国々のリーダー達、そして貧民街の人々。

私腹を肥やすことに余念がない政治家もいれば、国の未来作りに人生をかける素晴らしいリーダー達もたくさんいました。

私もリーダーシップに関するビジネス書は数多く読んできましたが、経営学の大先生が唱える、知ったフリしてくさいリーダーシップとは次元が違います。

それは、命がけのリーダーシップです。

リーダーシップについて思いを巡らせたことのある方には、是非お読みいただきたい本です。
特に、日本のおぼっちゃまな政治家には読んで欲しい。

胸を切り裂くような深い感動が、津波のように押し寄せてくると思います。

実際、電車の中で読みながら、何度も涙を堪えることになりました。
最終章を読み終える時には、声を出して泣きそうになったくらいです。

以下のサイトで、その西水さんと田坂広志さんの対談を聞くことができます。
一時間半の長い番組ですので、年末年始の夜長にでもぜひ聞いてみてください。

http://www.sophiabank.co.jp/audio/japanese/2009/11/post_257/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

婚活料理教室

今夜、一緒に飲んだ仲間から聞いた話。

彼(30代独身)は婚活を目的として、料理教室に通い始めたそうです。

ところが何と何と、その教室には男性しかいなかったそうで。

私は、そのシュールというか、何とも虚しい光景に、思わず大笑いしそうになりましたが・・・

と言うか、笑ってしまいました(笑)。

久々におかしかった。

それで他の参加者からはこんな声も。

「いっそのこと、男に走ったら」

今の時代、それもありかな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

史上最大の警備陣

土曜日の朝、異変に気づいたのは「こどもの国」近くの奈良4丁目の交差点でした。

横断歩道の近くに、警官が2名。

そこを曲がって行くと、次の交差点にも警官が2名。

「あれ?今頃交通安全運動???」

と思ったのですが、それからさらに進むと、今度は約30メートルおきに、2,3名ずつ警官が配備されています。

腕に「神奈川県警」という腕章を巻いた私服警官も多数います。

白バイやパトカーとも、何台もすれ違いました。

こどもの国から市が尾に抜けるまで、100名近い警官と出会ったのではないでしょうか。

「何事だ?この辺にVIPが来るような施設ってあったっけ??」

夕刊を見て、謎が判明しました。

こどもの国に、天皇ご一家が4家族でいらしたようですね。

天皇ご夫妻、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご一家、そして黒田家まで。

そりゃあ、神奈川県警も力が入るわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

科学離れ

学研の『科学』と『学習』が休刊になるようですね。

これは私にとってかなり寂しい事件です。

息子が小学生になったら、絶対に購読するつもりでした。

私たちの子供の頃、ほとんど娯楽なんてない時代ですから、学研のおばちゃんが『科学』を届けてくれる日は、お祭り騒ぎでしたものね(いや、決して大げさじゃないっすよ)。

付録なんて、何度も何度もいじくって・・・ 2週間はそれでもったような気がします。

今の子供たちは、娯楽が多すぎるのかな?

そういえばうちの娘も「もういい」とか言って、3年生ぐらいで『科学』の購読をやめてしまいました。

子供たちの科学離れが進むと、また事業仕分けされちゃうな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »