« 幼稚園まで歩く | トップページ | 松中深志東京同窓会 »

うんざりする声

一昨日、私の発行するメルマガの取材で、ある会社社長のインタビューに行ってきました。

そして今、そのテープ起こし作業をやっています。

いつもは編集委員の皆さんにお願いしているのですが、今回は誰も都合がつかず、編集長自らインタビューして記事を書いているというわけです。

それにしても・・・

録音された自分の声って、イヤですね~。

敬語もなっておらず、聞いていてイライラします(苦笑)。

ということで、モチベーションが上がらず、なかなか作業が進みません。

カラオケも、いい気分で歌っていたけど、こんな声だったんだなぁ。

嗚呼、やだやだ。

|

« 幼稚園まで歩く | トップページ | 松中深志東京同窓会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

席亭様

わかりますよ~。(ノ_-。)
コールセンターのオペレーター時代に、何度もそんな目に合いました。

月に2回ほど、テープチェックというものがあって、お客様への対応とか、言葉使い、問い合わせに対する回答を指導されるんです。

自分の声が、ロボットみたいでいやでした。
そういえば、お客様もわたしが出るとすぐ切っちゃうことがい多くて、何でだろう?と思っていましたが、自動音声案内だと思ってたようです。(;´д`)トホホ…

投稿: まろにえ | 2009年5月17日 (日) 15時27分

まろにえさん

録音すると、声の帯域が制限されるので、ちょっと機械的な声になるのかもしれないですね。

ただ、普段自分が聞いている自分の声も、他人に聞こえている声とは違うようで・・・

真実の自分の声というものを、ちゃんと聞いてみたい気がしますね。

投稿: 席亭 | 2009年5月17日 (日) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198615/29646521

この記事へのトラックバック一覧です: うんざりする声:

« 幼稚園まで歩く | トップページ | 松中深志東京同窓会 »