« 冴えない男の才能 | トップページ | 幼稚園まで歩く »

ケズル人たちの祭典

「削ろう会全国大会」という催しが、幕張の高度ポリテクセンターというところであり、家族で出掛けてきました。

東名から首都高を湾岸方面に抜け、東関道を通って幕張まで。 およそ1時間をかけて行ってきました。

本題とは関係ないのですが、東名を走っているとき、向かい側の車線が急に空いたかと思ったら、パトカーと白バイに先導された黒塗りのリムジン5,6台とすれ違いました。

あとでニュースを見て分かったのですが、皇太子ご夫妻が乗っていたようです。


幕張の会場は職人さんたちがあふれていました。
Dsc05877_00
みんな思い思いにカンナを削っていたのですが、イベントに秩序のようなものはなく、何となく誰かが削り、何となく誰かが見ているといった感じでした。

このイベントは家内がどうしても見たい!と騒ぐので、行ってみたのですが(家内は工務店の娘なので、カンナを見ると血が騒ぐのかもしれません)、我々素人には何が面白いのか分からない催しでした。

たしかに、数十ミクロンの薄さで木を削るのはスゴイのかもしれませんが・・・
Dsc05865_00 

そうこうしているうちに、子供たちも飽きてしまったので、会場には1時間程度いたのみで、再び1時間をかけて家に向かいました。

家内には、いい骨休めになったのかな?

|

« 冴えない男の才能 | トップページ | 幼稚園まで歩く »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

席亭様
お変わりありませんか?

ケズル人たちの祭典。
幕張だったのですね。自宅の近くですョ。(^-^)
実はわたしの父も、大工のせがれで...。父方の祖父は、大工だったらしいのです。子供の頃、元気だった父は大工道具をたくさんそろえていました。

今でも家のリホーム現場などがあると、車椅子で見に行っています。

あるとき、父の帰りが遅いので探しにいったところ、職人さんたちが相手をしてくれていました。わたしが「すみません。お忙しいところ。」と言うと、「いいですよ~、お元気で何よりです。ね、監督。」「じゃ、また明日。」職人さんって、温かい人たち多いですよね。

投稿: まろにえ | 2009年4月23日 (木) 00時17分

まろにえさん

そうですか、お近くでしたか・・・

何となくそんな予感がしていました。

職人さんは温かい人が多いですよね。

私も見習わなきゃ。

投稿: 席亭 | 2009年4月23日 (木) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198615/29197991

この記事へのトラックバック一覧です: ケズル人たちの祭典:

« 冴えない男の才能 | トップページ | 幼稚園まで歩く »