« チクンとしても大丈夫 | トップページ | We are over. »

息子のお店屋さん

息子が和室の隅っこに、
段ボールとかでお店のレジのようなコーナーを作っていました。

「おとうさん、何か買っていってよ~」

と言うので、

「じゃあ、ラーメンください」

って言ったら、積み木を帽子に入れて、ラーメンを作ってくれました。

ちゃんと、

「ぴっ」

とか言って、バーコードリーダーにも読み込ませています。

「あとは、何かいりませんか?」

「じゃあ、みかんください」

「みかんはありません。代わりに図鑑はいかがですか?」

よく見ると、図鑑がたくさん積んであります(笑)。

「なあんだ、本屋さんじゃないの・・・」

「違うよ~」

「そうなの?じゃあ何屋さんなの?」

「お店屋さんだよ」

ふむふむ・・・

娘は平日、
ずっと息子のお店屋さんごっこに付き合わされて辟易しているようですが、
たまに・・・だと何となく新鮮でした。
ちなみに、こ~んな感じです。
Dsc05767_00

|

« チクンとしても大丈夫 | トップページ | We are over. »

「育児」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、いつもお世話になっております。
まろにえです。

いまは、どこでもレジでは「ピッ」ですよね。
まろにえの子供の頃は、八百屋さん、お肉屋さん、パン屋さんと商店街のイメージでしたから、お店屋さんごっこも、商店街チームとお客さんチームにわかれてました。
母親の世間話の真似をしては、笑ってました。(^v^)

投稿: まろにえ | 2009年2月 2日 (月) 00時54分

まろにえさん、毎度ありがとうございます。(o^-^o)

派手なお店屋さんごっこですね~。
お母様の世間話を真似するとは、ませたお子さんだったんですね(笑)。

投稿: 席亭 | 2009年2月 3日 (火) 02時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198615/27686375

この記事へのトラックバック一覧です: 息子のお店屋さん:

« チクンとしても大丈夫 | トップページ | We are over. »