« ちょっと病みつきになりそう | トップページ | まるで我が家のための給付金 »

失敗を怖れる空気が流れている

私が今、会社で取り組んでいる組織風土改革は「失敗を怖れるな!」から始まります。

ありふれた言葉ですが、私も事ある毎に言ってます。


「何もせずに後悔するより、何かして失敗した方がよい」

「やるか、やらないか、迷ったら、とりあえずやっちまおう」



だけど、今日(もう昨日か)の午後ふと思ったのですが、

世の中的には、失敗を怖れる方向に流れているような気がします。

お役人が意思決定をしないのは、今に始まったことではないけれど、世間全体が意思決定をしなくなっているような気がします。

「出る杭」になりたくない人ばかり。

どこかで、「出る杭」を手ぐすね引いて待っている人がいるんですよね。

一番はマスコミかな。

きゃつらも商売だし、才能もないし、根性もないし、偏差値重視、収入重視、安定志向な連中ばかりになってきているから・・・

他人の小さな失敗を、殊更大きく報道することで商売してるような気がします。姑息にね。

それでしかも、自分だけ目立とうとはしない。大きなスクープも狙わない。

中川前財務大臣の報道も酷かったですよね~。あれじゃあまるで、記者じゃなくて官僚だよなぁ。
(※追記:中川の失敗は言語道断です。私がここで憤っているのは、最初記者たちがあれを見てみぬフリをしたことですからね)


せめてジャーナリストぐらいは、この閉塞感に風穴を空けて欲しいなあと思いますが。

嗚呼・・・ 何となくイライラが溜まっています。

ちょっと言葉が汚かったかな(笑)。

|

« ちょっと病みつきになりそう | トップページ | まるで我が家のための給付金 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198615/28349157

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗を怖れる空気が流れている:

« ちょっと病みつきになりそう | トップページ | まるで我が家のための給付金 »