« 鎌倉王 | トップページ | 人生は石狩川である »

薬師寺展で見たもの

5/23(金)は会社の創立記念日でした。
年に一度の半ドンの日です。

特に用事もなかったので、本屋に暇つぶしにでも行こうか、あるいは映画でも観に行こうか、あるいは仕事でもするか(苦笑)、と考えていたところに先輩からメールが来ました。

「午後、暇?」

正直に暇だと答えると、

「お台場あたりでぼおっとしたいな」

中年おやじ二人でお台場?ぞっとしないなあ・・・他に女性社員でも誘おうかな?と考えていたのですが、色々紆余曲折があり、上野の東京国立博物館に「薬師寺展」を観に行くことになりました。

結局中年おやじ二人で(苦笑)。

多分、歴史に残る創立記念日の過ごし方でしょう(笑)。
「薬師寺展」は先輩が見に行こうと言い出したのですが、私も最近「禅」なんかに興味を持ち始めたので、ひょっとしたら何か得るものがあるかな・・・と期待して出掛けたのでした。
博物館に着いてからは、私は展示物を観るよりも先輩の動きを見ていました(笑)。
私は順路にしたがってつぶさに見るタイプなのですが、先輩は一切そういったものは無視。どんどんどんどん先に行ってしまい、ほとんどの展示は見ていませんでした。
お目当ての日光、月光菩薩の前に来ると、さすがにじい~っと見ていましたが、それくらいではないでしょうか。
なるほど「自由人」は違うなあと思って感心して見ていました。
それが一番の収穫だったりして・・・(笑)

帰りにアメ横のごちゃごちゃした露天のような居酒屋で一杯呑んで帰りました。くさやなんかを囓りながら・・・

やはり、おやじはこうでなくっちゃいけませんね。

|

« 鎌倉王 | トップページ | 人生は石狩川である »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198615/21147322

この記事へのトラックバック一覧です: 薬師寺展で見たもの:

« 鎌倉王 | トップページ | 人生は石狩川である »