« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

浮き沈みが激しい

今週から、火を噴いているプロジェクトの支援に入っています。

色々噂は聞いていましたが、プロジェクトマネージャがほとんど機能していないのです。

こんな状況なのに部下のことを全く見ていない。

自分の保身で一生懸命。

だから、私も荒んでいました。

人にあたったり、こんな時間にブログを書いてみたり(苦笑)。

でも、水曜日に素敵な出会いがありました。

ひょっとしたら、一年後に全く違う人生を歩んでいるかも・・・と思えるような(これはちょっと大げさかな?)。

ということで浮き沈みの激しい1週間でした。

来週はもっと厳しくなりそう・・・(泣)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伝説のスピーチ

半年ほど前に知人から、カナダ人の少女が1992年の6月11日、ブラジルのリオで開催された国連の地球環境サミットで行った感動的なスピーチの話を教えてもらいました。

それがYouTube のサイトにあることを発見しました。

http://jp.youtube.com/watch?v=XjlUyVnDGIA

| | コメント (0) | トラックバック (2)

トヨタの光と陰

「トヨタの闇」という本を読みました。

http://www.mynewsjapan.com/kobetsu.jsp?sn=774

うちの会社では改善活動が真っ盛りで、そのお手本ともなっているのがトヨタのカイゼンです。

したがって私もトヨタ本をいくつか読んでいます。

すべてはトヨタの”光”に焦点を当てたものばかりでしたが、初めて”陰”の部分に光を当てた(?)本を読みました。

書かれていることの8割くらいは事実だろうし、残りの2割はまあ事実だろうけど考え方・感じ方の違いもあるだろうなと思いました。

懇意にしている元青山学院大学の吉田教授も、トヨタのカイゼンを支持しつつ、それでもいずれトヨタは失速するだろうとおっしゃっています。

トヨタの陰の部分は、おそらくどんな企業にもあるだろうし(もちろんうちの会社にもあります)、程度問題だとは思います。

ただ、1,000億を超えるトヨタの広告宣伝費を怖れるあまり、表沙汰にしないマスコミ・・・まあこれも何十年も言われ続けていることですが、それがさらに拡大しつつある現在の日本の状況に少し怖いものを感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使い切って捨ててください

風呂に入りながら、ぼぉ~っと洗い場の棚にある髭剃りクリームの注意書きを読んでいました。

「そおかぁ、クリームが無くなったら、いつまでも未練がましく使っていたらダメなんだな・・・」

というようなことをぼぉ~っと考えていました。

「ん?」

しばらく、ぼぉ~っとしていたので、何も気づかなかったのですが、注意書きの最後の

「使い切って捨ててください」

「思い切って捨ててください」

と読み違えていたのです。

それに気づいて、湯船で一人おかしがっていたのですが・・・

あまり可笑しくなかったですかね?(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腰痛で年は明ける

何とか会社に行ってきました。

椅子から立ち上がるたびに激痛は走るは、自動販売機でお茶を買おうと腰を屈めたら激痛は走るはで、大変な一日となってしまいました。

もう形振り構ってはいられません。

なるべく腰に負担がかからぬようにし、背筋は真っ直ぐ伸ばさず、かと言って屈めもせず、という中途半端な格好で歩いていました。

しかし、耐えきれずに早退し、掛かり付けの整形外科に行ってきました。
先生からは2,3日は安静にしていなさいと言われましたが、色々とイベントが立て込んでおり・・・明日も行かざるを得ないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腰痛

久々に1月4日に有給休暇を取り、9連休としてみました。

良くも悪くも子ども三昧の日々。

とういうことで明日が初出勤になります。

しかし、持病の腰痛が悪化しています。

腰を真っ直ぐ伸ばせない・・・

明日の運命や如何に???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身軽に再スタート

久しぶりに横浜で新年を迎えました。

Dsc05205_00

時間があったので、これまた久しぶりに落研のウェブサイトを更新しました。

ついでに、過去3年分の「席亭の日記」を削除しちゃいました。

このウェブサイトを始めた当時は仕事が一番ツライ時期だったので、自分が振り返るためにこのまま残しておくつもりでいたのですが、おそらく私以外誰にも読まれないでしょうからね(苦笑)。

お陰でオーサリングソフトがサクサク動くようになりました。

なにぶん日記が全容量の6割以上を占めておりましたから。

今年はブログばかりではなく、落研ウェブサイト本体(?)の方もマメに更新していきたいと・・・今のところは思っています。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »