« ジョージ・クルーニーの妻 | トップページ | 前向きだけどやる気のない返事 »

泣きっぷりのいい夜

昨晩の帰りの電車、吊革につかまる私の前には、30代後半くらいの女性が二人座っていました。

「オトナの女性」という感じのスゴイ美人でした(ちょっと失礼な書きぶりですがご容赦を)。

そのうち、その一人が、もう一人の胸に突っ伏して泣き始めました。

声を上げて泣いています。

「酔っているのかな?」

と思いましたが、シラフのようです。

こんなこと書くとやはり失礼なのですが、ドラマを観ているような、いい泣きっぷりです。

思わずもらい泣きしそうなほど。

そう・・・私も昨日は疲れ果てました。精神的にかなり。

昨日はメルマガの発行日でした。

メルマガ発行1周年記念ということで、特大号でした。

A4で23ページにもなりました(これはもうメルマガの領域を越えています、笑)。

気合いが入ったWordファイルが昼過ぎにできあがり、あとはそれをPDF化するだけ。

しかし、その段階でトラブル発生!

フリーのソフトを使っていたため、文字化けしたり、貼り付けた写真に線が入ったり・・・

編集委員にメールを送りまくり、ソフトを色々変えて何とか形になったのがギリギリ18時。やっとこさ、当日の発行に間に合いました。

1周年にあたる今週中に発行したかったのです。

出来は想像以上によく、「感動した!」という反響が早速飛んできました。

ただ、その裏で、次のメルマガ企画が3本も走っており、その調整で大童。

さらには、本業の仕事もあるし・・・(メルマガはあくまでも業務外のボランティア活動なのです)

そんなわけで、すべてが終わってから放心状態で帰途についたのですが、そんな私には、目の前の女性の泣きっぷりが、何だか自分の心が鏡に映っているように見えたのです。

今の自分・・・

メルマガ編集会議以外にも、ボコボコとWGを立ち上げてしまい、日々その調整に追われています。

しかもそれが、すべて業務時間外の活動であり・・・、にも関わらず、すべて会社を改革するためにやっている。

何なのだろう?一体・・・

突っ伏して泣きたい(笑)。できれば、女性の胸で・・・(おっ)

|

« ジョージ・クルーニーの妻 | トップページ | 前向きだけどやる気のない返事 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198615/7949346

この記事へのトラックバック一覧です: 泣きっぷりのいい夜:

» 新ドラマ情報NAVI [新ドラマ情報NAVI]
新ドラマにまつわる話をピックアップ [続きを読む]

受信: 2007年9月15日 (土) 14時05分

« ジョージ・クルーニーの妻 | トップページ | 前向きだけどやる気のない返事 »