« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

ホタル!!

先週、斜向かいのおじさんに「ホタルなら裏の林の下にいるよ」と教えられ、昨夜(2007.06.23)ホタル狩りに家族で出掛けてきた。

2月6日の日記に小川アメニティーの話を書いたが、それとは全く別の場所である。

午後7時半とはいえ、日が長くなっているのでまだ真っ暗ではない。

それでも息子は怖いようで、私に抱きついて私の胸にぴたっと顔を付け、周囲を見ないようにしている。

半信半疑で出掛けたものの、夜のたんぼ道を歩いていくと、少しずつ人の群れに出会い、「半信半疑」が「確信」へと次第に変わっていく。

いた!!

裏の林の下、ちょろちょろと流れる小さな川に沿って、数十匹のホタルが光を明滅させながらふわふわと舞っていた。

夢のような世界である。

30人近い見物客が集まっていた。

この地に越してきて4年、灯台もと暗し、直線距離にして我が家から100メートル足らずのところにホタルが生息していたのだ。

これだけのホタルは、信州でもそうは見られないだろう。

私自身、自然の中で生きるホタルを見るのは、子どもの時以来のような気がする。

何とも贅沢な空間である。

コンパクトデジカメしか持って来なかったのが恨めしい。

そして、やはりホタルは写らない。(苦笑)

仕方がないので、空の月でも・・・

01_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

六本木三昧

東京新名所、東京ミッドタウンを見ながら国立新美術館へと向かった。

「モネ展」を見るためである。

01

01_1

02

01_2

会場はたくさんの人であふれ、入場まで40分待ち。

また、中に入ってからも、寿司詰めの満員電車状態でゆっくり絵を鑑賞するどころではなかった。

それでも、

☆ 「セーヌ川の朝」と「セーヌ川の朝、霧

☆ 「ロンドン、国会議事堂」と「国会議事堂、日没

☆ 「ウォルタールー橋、曇り日」と「ウォルタールー橋、ロンドン」と「曇天のウォルタールー橋

☆ 「睡蓮」と「睡蓮」と「睡蓮」と「睡蓮」と「睡蓮」と「睡蓮」と「睡蓮」と「睡蓮

など、普段は別の美術館に展示されている絵が一堂に集まっており、同じ題材で、構図や光の加減が違う絵を見比べたりと、興味深かった。

01_3

その後、六本木ヒルズに向かい、「宮城まり子展」を見に行った。

家内や娘は、モネよりも宮城まり子の子供たちが描く絵の方が感動したようだ。

宮城まり子さんご本人もいらして、盛んにサインなどしていた。

私はとにかく「人疲れ」が激しく、帰宅してからすぐに寝込んでしまった。

しかし、寝込んではいられない出来事が・・・

(この続きは、翌日の日記で)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

息子もNHKデビュー!

NHKの「おはよう日本」という番組で、今朝うちの会社の社内システムが取り上げられた。

社内SNS。

SNSといえばmixiが有名だが、一企業内のSNSとしては今のところ日本最大なんだそうだ(と言っても、うちの会社よりも人数の多い企業はゴマンとあるので、抜かれるのは時間の問題だと思うが)。

インタビューに対応した社員には、知り合いが何人かいた。

そのうちの一人のPC画面がアップで紹介された時、そこに、たまたま”友達”として私の名前が表示されており、ついでに私が登録している写真(我が息子)も映ったのである。

「おはよう日本」が放映された時間には、私は会社へ向かう電車の中だったので、直接見ることはできなかった。

また、それを見ていたはずの家内もそれに気づかず、家内の妹から「映ってたよ~」という連絡が来たのだ。

家内も気づかなかったので、おそらくほとんどの人は気づかなかったとは思うが、それでもとにかく・・・2歳にしてNHK全国放送デビューである。

何となくNHKづいている今日この頃である。

なぞかけも、もう少し頑張ってみるか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夏至祭

昨日は、「夏至祭」というイベントに参加してきた。

我が家を建てた住宅メーカーからの招待である。

4082

新百合ヶ丘にある住宅展示場で行われた。スウェーデンからの輸入住宅メーカーなので、スウェーデンのお祭りなのだと思う。

招待客は50名ほどで、広いモデルハウスも今日ばかりは狭く感じられた。

・・・というのは嘘で、やはり広い。

1Fには二つのリビングダイニング、2F、3Fにもプライベートなリビングがあるので、場所には困らない。

信州にいた頃は、いずれこんな家に住んでみたいと夢想したものであるが、こちらでは、夢のまた夢。

さて、夏至祭の方は、スウェーデン風と思しき料理とケーキ(ケーキは普通の市販のケーキ)、それにたくさんのアルコール類が饗され、大満足であった。

また、最後にビンゴゲームが行われたが、娘が商品を獲得できたので、その点でも満足。

それでも、メーカーにとっては、宣伝効果を考えれば安い経費なのではないか。

だから私も、こうして宣伝に一役買ってあげている。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

顧客至上主義で本当によいのか

今、世間を最も騒がせている事件について、私の会社も多少なりとも関わっている。

ただ、うちの会社には全く責任はない。少なくとも道義的には。

うちは、完璧なシステムを提供した。それこそ、たとえ1件たりともエラーにならぬよう徹底的な試験をしてから顧客に提供している。

顧客はそれをないがしろにし、データを正しく投入しなかったのだ。

だから、うちには全く責任はない。

・・・と書いてきて、本当にそうなのだろうか?という思いもチラホラと感じている。

私はそこのプロジェクトの人間ではないので、正確なことは分からないのだが、一国民として考えた場合・・・

顧客だけではなく、その先にいる国民のことを、見ようと思えば見ることができたのではないかと思えてしまうのだ。

顧客に対して、正しくデータを投入するよう指導することは、とても僭越なことだとは思う。

しかし、これからの企業にはそこまでのことが求められているような気がしてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナウ!

息子のボキャブラリーもだんだん豊かになってきているのだが、ガンとして言わない言葉がある。

それは「おとうさん」。

おかあさんのことは、「おかあ」と呼ぶようになった。

お姉ちゃんのことは「あーちゃん」と呼ぶようになった。

で、私のことは、私を指差して「」「」としか言わないのである。

ところが、今朝、私を指差して嬉しそうに言った言葉が「なう」。

分かる人には分かるのだが、何とも困ったものである。

でも可愛いからそれでもよいのだが。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家内もNHKデビュー!!

今日もNHKラジオで、私が応募した作品(なぞかけだけど・・・)が読まれた。

それがなんとなんと家内の作品であった。

家内はほくほく、そしてにんまり。

嬉しそうなメールが何通も会社に飛んできた。

夫婦円満にお宅もいかがですか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

娘の運動会

4069_00 昨日は娘の小学校の運動会があった。

それで実は、今から自治会のウェブサイトに運動会の記事を書かねばならない。

このブログに、自分の娘のことを書くのは簡単なのだが、地域住民のためのホームページに、どんな記事を書いたらよいのか・・・

引き受けるんじゃなかった。(苦笑)

●好天に恵まれて、気持ちのよい1日だった。→OK

●グラウンドが狭く、我々親は1日立ち見だったため、非常に疲れた。→NG

●我が子の一輪車での演技がとても素敵だった。→もちろんNG

ちなみに、娘は応援団にはいったため、一日中旗を振ったりして応援活動を行っていた。

疲れるだろうに・・・と思ったが、来年もまた是非やりたいそうだ。

意外と目立ちたがり屋なのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »