« 息子と焼き肉 | トップページ | 家内の息抜き »

会いたい人たち

前の担当で一緒だった先輩が亡くなったため、お通夜に参列してきた。

9年間同じ担当で働いていた。

大学時代はラガーマンだった人で、体はがっちりしており、そのプロジェクトではいつも一番働いていた。

鉄人と呼ばれていた。

人の嫌がる仕事ばかりしていた。

2,3日の徹夜は日常茶飯事だった。

しかし、ラガーマンだったことが徒となり、体のあちこちにガタがきていたようだった。

交通事故がそれに拍車をかけ、常にどこか調子の悪い人だった。

また、鹿児島出身ということもあり、典型的な九州男児で、直球勝負の人だった。

だから、人と衝突することも多かった。

最初は、私ともよく衝突していたが、そのうち私のことを理解してくれるようになった。

特に、体制変更があり、先輩が私の部下になった時は、積極的に私のことを支援してくれた。

私も先輩を心の拠り所にしていた時期があった。

私が異動になってから、4年が過ぎた。

その間、その先輩とは一度も話をしていない。

膵臓癌だったそうだ。

最後まで、苦労の連続だったと思う。

お通夜では、かつての上司、かつての同僚たちが顔を揃えていた。

数年ぶりに会う人ばかりだった。

「あっけないねえ」

と、かつての上司が言った。

いつか時間を作って、昔話などしたい・・・そう思っている人はたくさんいる。

だけど、おそらくそのほとんどは、実現できずに終わってしまうだろう。

本当にあっけない。

|

« 息子と焼き肉 | トップページ | 家内の息抜き »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198615/6530312

この記事へのトラックバック一覧です: 会いたい人たち:

« 息子と焼き肉 | トップページ | 家内の息抜き »