« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

歌えなかった歌が思い出せない

_00 ゴールデンウィーク初日、実家に帰るついでに久々にバナナムーンに寄ってきた。

以前に来たときには気づかなかったのだが、美術館の脇には大きな桜の木があって、やや散り気味とはいえ、建物の黒と桜の淡いピンクの組み合わせが綺麗だった。

館長さんのお話によると、今年の安曇野は客の入りが悪いようだ。

なぜだろう?

邪推するに、「風林火山」ブームが逆に作用して、信玄に縁のある土地にお客がみんな取られてしまったのではないかと思ったりもしたが。

下の子が騒ぐので、ゆっくりできなかったのは残念だった。

夜はお決まりのパターンで、漣(鮨屋)から咲くら(スナック)へ。

本当は1軒のみで帰るつもりだったが、漣で中学時代の知人二人に出会ってしまったため、同期の桜でスナックまで付き合ってしまった。

最近、カラオケも滅多にいかないため、歌う曲は相変わらず20年くらい前のものばかりなのだが、意を決して新曲に挑戦してみた。

結局その曲はうまく歌えなかったのだが、今振り返ってみるにその曲が思い出せないのだ。ちょっと飲み過ぎたかもしれない。

さらに、スナックは空調がちょっと寒く、お陰で風邪を引いてしまった。

次の日は実家の人々とみんなで、須坂市にある臥竜公園に出掛けたのだが、体調が悪かったためベンチを探しては座り込んでいた。

帰ってきて体温を計ったところ38度もあった。

夜はみんなで温泉に行くはずだったが、そういうわけで留守番。

前回実家に来たときも、尿管結石で温泉に行けなかったし、どうも調子が悪い。

まあ、ここんところ睡眠不足の日々が続いていたので、たっぷり寝ることができたと思えばよかったのかもしれないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スランプからの脱出

私も調子が悪いが、会社でも身内でも近頃調子の悪い人が増えている。

スランプである。

私のスランプはメルマガ・・・

元々「真面目な話を面白可笑しく書く」をコンセプトに始めたのだが、最近は真面目な話を真面目に書いている。

面白可笑しく書くということは、実にパワーがいるのである。

調子の悪いときには、悪あがきをするしかない。

今週から、NHKラジオのなぞかけコーナーに投稿を始めた。

家内が採用されるかどうか毎日ドキドキしながらラジオを聴いているようだが、今のところ(と言ってもまだ2日目だが)採用される気配はない。

採用されたら、またこの場で紹介したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4年生になったら

娘も4月から4年生になり、クラブ活動やら委員会活動やらが始まったようである。

先日も、クラスの代表委員に立候補したところ、ダントツの得票で選ばれたとのことで意気揚々と帰ってきた。

3月までは、半ば登校拒否気味で、毎朝我々を困らせていた娘だったが、クラスが変わって見違えるように元気になった。

何よりも自分から立候補したというところが親としては嬉しい。

その一方で、お父さんは元気がない。(苦笑)

欲張って色々なことに手を出しすぎて二進も三進もいかない状態なのだ。

地域の自治会の班長も昨年度で任期が終わり、今日の総会を以てお役ご免のはずだったのだが、今年度から始まった”サポーター制度”というのについ手を挙げてしまい、自治会のウェブサイトの面倒をみることになってしまった。

どこかに元気の素は転がっていないだろうか・・・、馬鹿に付ける薬でも良いのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新橋の夜

昨夜は、「第5回メルマガ編集会議」という名目の飲み会を新橋で行った。

新橋界隈の土地勘がないため、烏森口から徒歩5分の店まで、30分もかかってしまった。全く反対方向に歩いてしまったのである。

編集長大遅刻!!

そのため、昨日はずっとおとなしくしていた。(苦笑)

それでなくとも、最近仕事が輻輳しており、仕事以外のイベントに対する気力が無くなりかけている。

元々、社員のモチベーションを向上させることが目的のメルマガなのに、編集長のモチベーションが下がってどうする?と言い聞かせているのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東新宿の夜

一昨日(金曜日)の話を今頃書きます。

最近社内で、初対面の人と脈略もなく集まって呑んでしまおう、という企画が流行っている。

そうやって知り合った会社の仲間と(正確には金曜日に現場で知り合ったわけだが)、東新宿にある韓国料理屋に呑みに行った。

東新宿という土地には初めて足を踏み入れたが、韓国系の店が建ち並び、行き交う人も韓国系の人が多かった。

入った飲み屋も、店員もお客も韓国の人ばかりで、異国の地で呑んでいる感覚がした。

料理は本格的な韓国の家庭料理で、食べきれないほどの量があった。

特に「おおっ!」と思ったのが、鯛の刺身の盛り合わせで、刺身をレタスやサラダ菜に載せ、ニンニク、唐辛子にコチュジャンのような辛味噌を添えて食べるのであるが、いかにも「韓国!」という味であった。

あと、生の渡り蟹をキムチのようなソースで和え、殻ごとパリパリ食べるというのも豪快だった。

最後は、隣に座っていた韓国人グループと仲良くなり、ひたすらマッコリーで乾杯を繰り返していた。

何だかよく分からない飲み会だったが、ちょうど会社で厭なことが重なっていたので、よいストレス解消になった。

次は横浜中華街。(の予定)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

虚空遍歴

久しぶりに会社に行った。

年度末から年度始めにかけて、4日間も休んでしまった。

この間に、お世話になった協力会社の人が1名、うちの担当を去っていた。最後の挨拶もできず、ちょっと悔やまれる。

休みの間、会社の先輩から紹介された山本周五郎の「虚空遍歴」を読んでいた。

侍の身分を捨て、浄瑠璃に命をかけた男の物語である。

侍の身分を捨てても、侍の心を捨てることのできない主人公。

そして、彼を慕う二人の女性。

その他、彼の理解者達。

とりまく人間模様がいい。

「人の真価とは、”何を為したか”ではなく、”何を為そうとしたか”で決まる」という山本周五郎の人生観、これに勇気づけられる。

今年度、何をしようかとガラにも無く考えてみたが・・・

とりあえずはやはり、ダイエットかな?

028koku1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »