« 公務員はなぜ効率化できないの? | トップページ | 産婦人科医の悲劇 »

「品格」の時代

東京マラソンが行われる中、日曜日だというのに仕事に出掛けてきた。

仕事場は皇居の脇にあるので、ひょっとしてマラソンの現場を見られるかも?と期待していたのだが、残念ながら全くカスリもしなかった。

九段下の駅で、合羽を着てずぶ濡れになっている警官の集団を見掛けたのが、せめてものマラソンの証跡であった。

「国家の品格」が大ヒットしたせいか、最近「品格」と名の付く本をちょくちょく見掛けるようになった。

「男の品格」、「女の品格」・・・

しかし、この時期に「○○の品格」と題して売っている本に、「品格」を語る資格なんてあるのだろうか?と疑問に思うが。

|

« 公務員はなぜ効率化できないの? | トップページ | 産婦人科医の悲劇 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198615/5397561

この記事へのトラックバック一覧です: 「品格」の時代:

« 公務員はなぜ効率化できないの? | トップページ | 産婦人科医の悲劇 »