« ラゾーナで沖縄料理 | トップページ | この冬一番冷え込んだ日に »

国際的な一日

ある社員のお宅に家族4人で遊びに行ってきた。

インドネシアから女の子がホームステイに来ていて、彼女がインドネシア料理を披露するから是非遊びに来ないかと誘われたのである。

実はこの社員とはまだ1回しか会ったことがなく、あとは社内SNS上での付き合いのみである。そんなお宅にいきなり家族を連れて遊びに行ってしまうというのは大変奇異な感じがするのだが、SNSが社内の人間関係を大きく変えつつある。

お宅にお邪魔すると、もう一人インドネシアからの留学生がいて、二人でインドネシア料理を振る舞ってくれた。

会話はすべて英語だったが、我々一家は基本的に日本語しか話さない(息子は日本語も話さない)ので、彼と彼のお父さんが通訳をしてくれた。

ご両親ともに大変気さくな方で、うちの子供たちを見て、早く本物の孫が欲しいと羨ましそうであった。

私は永遠に孫の顔を見られないかも知れない」とお母さんは嘆いていらしたが、彼はまだ20代なので、「いやいやそれはさすがに焦りすぎです」と突っ込まずにはいられなかった。

日本のインスタントラーメンに似た麺を、鶏肉と野菜がたくさん入ったカレー風味のちょっと甘めのスープでいただく・・・何という料理かは分からなかったが、これがおいしかった。

また、デザートにバナナとサツマイモをココナッツミルクで煮たものが出てきたが、これも未体験の味でなかなかのものだった。

家内と娘に、3時から中国人との交流会に参加する予定があったため、彼の家は2時過ぎにお暇した。

わずか2時間足らずの滞在だったが、家内も子供たちも異国の人たちとの交流を楽しめたようだ。

3時からの交流会では、本場の餃子と焼きそばを振る舞われたそうだ。

娘が、日本に来て一番驚いたことを中国の方に質問したところ、「餃子にニンニクが入っていること」と教えてくれたと、娘の日記に書いてあった。

で、私も日記に書いている次第。う~む、このブログも娘の日記とレベルが変わらないような気がしてきた。(苦笑)

それにしても、国際交流のイベントが二つも重なり、なんともインターナショナルな一日であった。

|

« ラゾーナで沖縄料理 | トップページ | この冬一番冷え込んだ日に »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198615/5477580

この記事へのトラックバック一覧です: 国際的な一日:

» レシピ ブック [レシピ ブック]
さあさあ、はじまりました。いろいろなレシピを紹介する予定です。よろしくです。 [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 01時00分

» 中国と日本、人間関係を作る [中国からみた中国と日本の違い]
 中国人は常に「盛大な宴会」、「上座にすわらせる」、「手厚い贈り物」などで、人間関係を密接にする。今はゴルフに招待するとか、麻雀を共にするとか、トランプをやるとかで、人間関係を作ることが盛んになった。 また、そうした親密な関係は自分の手だけで作るとは...... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 11時23分

« ラゾーナで沖縄料理 | トップページ | この冬一番冷え込んだ日に »