« シンクロニシティ2 | トップページ | 父親不在 »

成果主義は要するに巨人軍

金曜日は月に一度の青山学院大学のY教授の講義を聞いてきた。

相変わらず「成果主義」批判の持論を展開されていた。

社内SNSに書こうか、あるいは私のメルマガに書こうかと迷いつつ、とりあえずここに書いてしまう。

日米のものの捉え方に関する違いについて、教授は以下のように説明していた。

アメリカ→分析的(analystic)

日本→全体観的(holistic)

分析的な考え方をすると、個々人が最大の成果をあげることが、全体の最大の成果につながるということになる。

アダム・スミスの「自由競争論」にもつながる考え方である。しかし、これではダメなのである。日本的に全体観的に考えないと。

これはどういうことなのか・・・

野球を考えれば一目瞭然である。

ホームランバッターを揃え、9人全員がホームランを狙いにいったら、そのチームは勝てない。ランナーが出たら、場合によっては次のバッターは犠牲バントを打った方がよい。

成果主義はそれを許さない。個々人が最高のパフォーマンスを要求される。

それでは、チームは勝てないのだ。なぜ、そんな簡単なことを、成果主義を導入した日本の経営者達はわからんのか?

当のアメリカでさえ、分析的から全体観的な考え方に移行しているというのに。

成果主義でいく限り、目先の課題達成が優先となり、未来への投資はできない。リスクの高いチャレンジはできない。

さてさて・・・

メルマガに書くべきか。

|

« シンクロニシティ2 | トップページ | 父親不在 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198615/5103901

この記事へのトラックバック一覧です: 成果主義は要するに巨人軍:

» アフィリエイトページ自動生成ツール1クリックで10,000ページ!大暴露!あのダメアフィリエイターがいきなり月300万円を叩き出した 【 アフィリエイトの禁術 】 !!! [ 夢の研究所]
● 売り上げ実績あり!ピックアッププログラム/「平秀信さんからのメール大/ [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 16時47分

« シンクロニシティ2 | トップページ | 父親不在 »